作者紹介

三藤 るい
私にとっての焼き物作りの一番の魅力は、土選びからデザイン、ものづくり、窯焚き、一連の作業を全て自分で行うところです。そうすることにより、一つ一つの段階で個性が表れ、焼き上がった時には自分ならではのものになるからです。
炎の流れや灰による窯変など、登り窯の力を感じています。
唐津焼の見所の一つでもある土味や、釉調を一人でも多くの人に見てもらい、
興味をもって頂けたら嬉しいです。

陶歴

1978年 福岡県福岡市に生まれる
2006年 佐賀県立有田窯業大学ロクロ科 卒業
2006年 唐津 川上清美氏に師事
2009年 唐津市に築窯、独立

トップページに戻る